品質

何を重視しますか? ~上流工程の大切さ~

あなたは、なんらかの物やサービスを購入するとき、何を重視して決めていますか?

たとえば、車を買うときは?

  • デザイン(かっこいい、かわいい、落ち着きがある、威嚇できる…)
  • 乗車人数(7人以上、5人、4人、2人…)
  • 大きさ(ゆったりビッグサイズ、取り回しの良い普通サイズ、小回りの効くスモールサイズ…)
  • etc…

たとえば、携帯電話のキャリアを選択するときは?

  • 値段
  • 繋がりやすさ
  • 通信速度
  • ブランド
  • etc…

何を重視するかは、人それぞれですね。こうした選択肢は、全てを網羅して顧客に合わせることは不可能とも言えます。車で「乗車人数7人」「小回りの効くスモールサイズ」を両立させるのは通常は困難です。
※ 2階だて車両を作れば不可能ではないかも?およそ、こういう馬鹿げた発想から、新しいソリューションが生まれたりしますが…

ITシステム、ソフトウェアプロダクト製品などでも同じことが言えます。お客様は以下のような要素の中から、重視するものを決めて選択することになるでしょう。

  • 機能の豊富さ
  • 高い性能
  • 使いやすさ
  • 壊れにくさ
  • 攻撃を受けたときの強靭さ
  • 長期間に渡っての維持しやすさ
  • 価格の安さ
  • etc…

これらすべての要素をお客様が満足できるように作ることができるなら、何も問題はありませんが、相反したり・両立しない要素もあるため、やはりそれは不可能です。

したがって、これらの中から、何を重視するのかを初めに合意しておく必要があります。これを曖昧にしておくと、以下のような不幸な事態が発生します。

  • 必要な要素が設計に組み込まれず、手戻りの発生による費用増大や納期遅延
  • 両立し難い要素を無理やり両立させるため費用増大および納期遅延
  • 最終的に妥協しての納品から、顧客側の不満が発生し、次回受注機会の喪失

だから、上流工程が重要だと言えます。私達Qaidは品質を追求していきますが、それは下流工程のテストだけでは成立しないと考えています。上流工程にもこだわり、最短・最小の工数・コストで最大の価値を生むことを一緒に取り組んでいきましょう。

トップ画像:Webデザインのワイヤーフレームのフリー素材より